ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:ソロピアノ ( 11 ) タグの人気記事

The Köln Concert / Keith Jarrett

3月11日の東日本大震災、それに続く原発の事故
なかなか進まない被災地の復旧
どうしようもない閉塞感でなかなか更新できずにいました。

節電であちこち薄暗くて気持ちも沈みがち
こんなときこそ音楽が気持ちを救ってくれるはず。

静かに祈るように始まるキースのケルンコンサートを聴きながら
被災した方達、地域への一日も早い救済と復興を心からお祈りします。


The Köln Concert


[PR]
by yk_jazzmood | 2011-04-03 14:46 | ピアノ

Hank Jones

1940年代から第一線で活躍してきたピアニスト、ハンク・ジョーンズが5月16日に亡くなりました。
91歳、本当に長い間の演奏活動、参加したアルバムは600にも及ぶと言われています。

今年初めまで現役で演奏活動を続けていたのでまだこれからも新しい演奏を聞くことができるのではないかなんて勝手に思い込んでいただけにとても残念です。


そんなハンク・ジョーンズのソロピアノのアルバムを紹介します。

カリフォルニア州、バークレイのこぢんまりとしたホール、メイベック・リサイタル・ホールでのライブ。
このホールでは他にジョアン・ブラッキーン、マリア・マクパートランド、ケニー・バロン、バリー・ハリスなどのピアニストがソロコンサートを行っているそうです。

このアルバム、派手さはないけれどじっくり作りこんだ演奏を聞くことができます。


Live at Maybeck Recital Hall

d0127503_603522.jpg



1. Introduction
2. I Guess I'll Have to Change My Plan
3. It's the Talk of the Town
4. Very Thought of You
5. Night We Called It a Day
6. Bluesette
7. Child Is Born
8. What Is This Thing Called Love?
9. Oh, What a Beautiful Morning
10. Six and Four
11. I Cover the Waterfront
12. Memories of You
13. Introduction
14. Blue Monk
15. 'Round Midnight
16. Introduction
17. Oh! Look at Me Now

Recoede November 11,1991





レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-05-19 06:06 | ピアノ

Alone /Bill Evans

去年の梅雨時に紹介したアルバムです。
梅雨空が続いてHere's that rainy day.を聞きたくなったなんて書いていたようですが、今日は気持ちよくからっと晴れたので On a clear day. を思い出しました。

この曲はオスカー・ピーターソンの名演もあるけれど、今日はなぜかエバンス
しかもじっとり暗めのソロピアノ。

本来はピアノトリオが一番好きなのだけれど
感情がずーんと内向していくエバンスのソロピアノ、いい感じです。



Alone

d0127503_11331243.jpg


1. Here's That Rainy Day
2. Time for Love
3. Midnight Mood
4. On a Clear Day (You Can See Forever)
5. Never Let Me Go
6. Medley: All the Things You Are/Midnight Mood
7. Time for Love

Recorded September and October, 1968 At New York City

試聴はこちらから♪

レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-05-08 11:37 | ピアノ

Alone At Montreux / Ray Bryant

1972年のスイス、モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライブです。

当初この日にはオスカー・ピーターソンのソロピアノが予定されていたのが準備不足を理由にキャンセル。
そこで白羽の矢が立ったのがこのレイ・ブライアントだったというのはレイ・ブライアントファンには有名な話だそうです。

それまでにも多くのレコーディング経験のあったレイもソロは初めて
ヨーロッパも初めての初めて尽くし
しかも大御所ピーターソンの代役

ものすごいプレッシャーがあったのではないかと想像してしまうけれど、演奏はリラックス
レイ得意のフレーズもパターンもどっさり
聴衆もノリノリで素晴しい演奏を楽しんでいる様子が伺えます。


Alone At Montreux

d0127503_16462791.jpg



1. Gotta Travel On
2. Blues, No. 3/Willow Weep for Me
3. Cubano Chant
4. Rockin' Chair
5. After Hours
6. Slow Freight
7. Greensleeves
8. Little Susie
9. Until It's Time for You to Go
10. Blues, No. 2
11. Liebestraum Boogie

Recorded live at Montreux Jazz Festival in Switzerland,June 23,1972

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-11-13 16:51 | ピアノ

Alone / Bill Evans

梅雨空が続くのでなんとなく聴きたくなったのがエバンスの Alone.

以前雨にちなんで Here's That Rainy Day で紹介したビル・エバンスのソロピアノのアルバムです。

オリジナルのメロディーの美しさを充分に生かして緻密に組み立てられた音の広がりが美しい。

このところエバンスのトリオばかり聴いていたので、改めてエバンスのソロピアノの素晴らしさに感心しています。

どんどん内向して行くような Never Let Me Go
聴き応え充分です。


Alone

d0127503_11324040.jpg



1. Here's That Rainy Day
2. Time for Love
3. Midnight Mood
4. On a Clear Day (You Can See Forever)
5. Never Let Me Go
6. Medley: All the Things You Are/Midnight Mood
7. Time for Love

Recorded September and October, 1968 At New York City

試聴はこちらから♪ 


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-07-06 11:36 | ピアノ

Time Remembered / Bill Evans Trio

未発表だったソロピアノ5曲と1963年の"Shelly's Mann-Hole"のライブでCDに未収録だった8曲を集めたアルバム。

ソロピアノはエバンス自身が気に入らなかったためにお蔵入りになっていたらしいけれど、どれも美しく緊張感あふれる素晴しい演奏。
どうして気に入らなかったのか不思議です。

特に1曲目のダニー・ボーイ、あの曲がこんな素敵な曲になるの?
しっとり情感あふれるダニー・ボーイです。


後半のトリオの演奏はライブだけあって臨場感たっぷり。
とてもいい雰囲気の演奏がぎっしり詰まっています。


Time Rememberd


d0127503_1441055.jpg



1. Danny Boy
2. Like Someone In Love
3. In Your Own Sweet Way
4. Easy to Love
Recoeded April 10,1962, New York City

5. Some Other Time
Recorded December 15,1958, New York City

6. Lover Man
7. Who Cares?
8. What Is This Thing Called Love?
9. How About You?
10. Everything Happens to Me
11. In a Sentimental Mood
12. My Heart Stood Still
13. Time Remembered
Recorded Shelly's Mann-Hole,Hollywood;May 30(6~9) and May 31(10~13),
1963.

Personnel:Bill Evans (piano) Chuck Israels (bass) Larry Bunker (drums)

試聴はこちらから


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-10-20 14:53 | ピアノ

Michel Petrucciani Solo LIve

1999年1月に36歳の若さで亡くなったピアニスト、ミッシェル・ペトルチアー二晩年のソロライブです。

一曲目が始まるなり明るくてきれいな音色ひき込まれ、無駄のないすっきりしたフレージングに聞き惚れているうちに11曲が終わります。

後半すごいテクニックでキャラバンや Take The A Trainなどスタンダードも演奏していますがいかにもペトルチアー二らしい演奏が聴けるのはオリジナル。
スタンダードだけれど2曲目のベサメ・ムーチョは独特の雰囲気で素敵です。


Michel Petrucciani Solo LIve


d0127503_14445055.jpg



1. Looking Up
2. Besame Mucho
3. Rachid
4. Chloe Meets Gershwin
5. Home
6. Brazilian Like
7. Little Piece in C for U
8. Romantic But Not Blue
9. Trilogy in Blois (Morning Sun, Noon Sun, and Night Sun in Blois)
10. Caravan
11. She Did It Again/Take the a Train She Did It Again
 
Recorded February 27,1997 Frankafurt

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-09-29 15:00 | ピアノ

LIve At Maybeck Recital Hall Vol. 16 / Hank Jones

1950年代からスタジオ・ミュージシャンとして長いキャリアを持つピアニスト、ハンク・ジョーンズの73歳のソロ・アルバム。

オスカー・ピーターソンのような派手さはないけれどじっくり聴いているとハンク・ジョーンズの曲に対する思い入れみたいな物まで聞こえてくる演奏。

曲目はすべてスタンダード、趣味よく短くまとめて聞かせてくれます。

くつろいだ雰囲気のこじんまりしたコンサートの様子が目の前に浮かび上がってくるような作品です。


Live At Maybeck Recital Hall Vol.16

d0127503_1432664.jpg




1. Introduction
2. I Guess I'll Have to Change My Plan
3. It's the Talk of the Town
4. Very Thought of You
5. Night We Called It a Day
6. Bluesette
7. Child Is Born
8. What Is This Thing Called Love?
9. Oh, What a Beautiful Morning
10. Six and Four
11. I Cover the Waterfront
12. Memories of You
13. Introduction
14. Blue Monk
15. 'Round Midnight
16. Introduction
17. Oh! Look at Me Now




Recorded at Maybeck Recital Hall, Berkeley, CA, November 11, 1991


試聴はこちらから♪



レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-01-16 14:40 | ピアノ

The Melody At Nighit, With You / Keith Jarrett

少し前にソロのケルン・コンサートを紹介したキース・ジャレット。
今回もキースのソロピアノです。

1971年のフェイシング・ユー以来多くのソロピアノをレコーディングしてきたキース・ジャレットですが、そのほとんどがオリジナルの作品のもの。

今日のこのアルバムはキースが初めてソロでスタンダードを演奏したアルバムです。

このアルバムを録音する以前、何年もの間、慢性疲労症候群という病気で演奏活動を休止していました。

1998年、このアルバムの製作をきっかけにまた演奏活動を再開して現在に至っています。

どの曲も曲の持つ美しさをこれ以上はありえないというくらいに引き出して、そのメロディとじっくり向き合うような演奏です。

ジャズは聞いたことがないという人、ちょっと苦手だと思っている人にもすんなり受け入れていただけるアルバムだと思います。


The Melody At Nighit, With You

d0127503_17213375.jpg



1. I Loves You, Porgy
2. I Got It Bad (And That Ain't Good)
3. Don't Ever Leave Me
4. Someone to Watch over Me
5. My Wild Irish Rose
6. Blame It on My Youth/Meditation
7. Something to Remember You By
8. Be My Love
9. Shenandoah
10. I'm Through With Love


Recorded December 1998
Keith Jarrett (piano)

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2007-12-08 17:26 | ピアノ

The Köln Concert / Keith Jarrett

キース・ジャレットの名前を一躍有名にしたのがこのケルン・コンサート。

ジャズ初心者だった頃、初めてこのアルバムを聴いてかなりショックを受けた覚えがあります。
「こんなジャズもあるんだ!」と。
最初のフレーズ聴いたときの感動は今でも忘れません。

ソロピアノで演奏される内容はすべてキース・ジャレットのオリジナル、しかも即興によるライブ録音。

即興なのに美しいメロディ、構成、調和の取れたハーモニー、素晴しい演奏です。


The Köln Concert 

d0127503_187444.jpg



PartⅠ,   Part Ⅱa , Part Ⅱb , Part Ⅱc   


Recorded Köln, Germany January 24, 1975
Keith Jarrett (piano)


試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2007-11-22 18:20 | ピアノ