ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:オーケストラ ( 4 ) タグの人気記事

From Left To Right / Bill Evans

とっても久しぶりの更新になってしまいました。

今日は1970年制作のビル・エバンスのアルバム。
d0127503_13551481.jpg



右手にフェンダー・ローズ(電気ピアノ)左手にスタンウェイのピアノを配置
オーケストラやガットギターと演奏する、エバンスとしては少し珍しいスタイルのアルバムです。

フェンダー・ローズでアドリブを弾きながら左手はスタンウェイでバッキングしたり
2台の楽器を自在に操りながら、気持ちの奥にじわっと訴えかけるようにテーマを歌い上げる
そこにオーケストラが寄り添ってじっと聴き入ってしまう、そんな演奏がたっぷり楽しめます。

1. What Are You Doing The Rest Of Your Life?
2. I'm All Smiles
3. Why Did I Choose You?
4. Soiree
5. The Dolphin - Before
6. The Dolphin - After
7. Lullaby For Helene
8. Like Someone In Love
9. Children's Play Song
10. What Are You Doing The Rest Of Yor Life? (Quartet)
11. Why Did I Choose You? (Quartet)
12. Soiree (Alternate Take)
13. Lullaby For Helene (Quartet)


1曲目はミッシェル・ルグランの美しいバラード

What Are You Doing The Rest Of Your Life?


こちらはエバンスにしては珍しいボサノバ。
スタン・ゲッツの演奏で有名な曲ですが、エバンスも負けず劣らず素晴しい。

The Dolphin - After




Personnel : Bill Evans(p,el p) Sam Brown (g) Eddie Gomez (b) Marty Morell (d)
Mickey Leonard (arr,cond) and orchestra

Recorded October and November 1969 and March ,April, and May 1970
[PR]
by yk_jazzmood | 2011-07-23 13:53 | ピアノ

Sketches Of Spain / Miles Davis

ギル・エバンス・オーケストラとマイルスが競演した第3作にして最高傑作といわれているアルバム。(第1作は『マイルス・アヘッド』、第2作は『ポーギー・アンド・ベス』)

『クールの誕生』セッション等を通じて40年代から知りあいだったマイルスとギルは、59~60年にコロンビアでのコラボレーション第3作として録音したのがこのアルバムです。

白眉は何と言ってもアランフェス協奏曲(Concierto De Aranjuez (Adagio))
お馴染みのメロディをギルの独特なサウンドをバックに演奏するマイルスのソロが素晴らしい。

1. Concierto De Aranjuez (Adagio)
2. Will O' The Wisp
3. The Pan Piper
4. Saeta
5. Solea
6. Song Of Our Country
7. Concierto De Aranjuez (Part One)
8. Concierto De Aranjuez (Part Two Ending)





レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2011-03-09 17:40 | トランペット

Here's To Life / Shirley Horn

たまにはしっとりしたヴォーカルもいいかなと思い、今日はシャーリー・ホーン。

弾き語りの上手いシャーリー・ホーンがオーケストラをバックにゆったりじっくり歌いこんだアルバム。
聴いた印象はゴージャス。
ジョニー・マンデルのアレンジも素敵です。

秋の夜長にいかがでしょう?


Here's To Life


d0127503_17521778.jpg




1 Here's to Life
2 Come a Little Closer/Wild Is the Wind
3 How Am I to Know?
4 Time for Love
5 Where Do You Start?
6 You're Nearer
7 Return to Paradise
8 Isn't It a Pity?
9 Quietly There
10 If You Love Me
11 Summer (Estate)
12 Wild Is The Wind



Personnel
# Shirley Horn ( Piano )( Vocals )( Arranger )
# Alan Broadbent ( Piano )( Vibraphone )
# Harvey Mason, Sr. ( Drums )( Percussion )
# Larry Bunker ( Percussion )
# Luis Conte ( Percussion ) # Wynton Marsalis ( Trumpet )( Vocals )
# Johnny Mandel ( Arranger )

Recorded 1991

試聴はこちらから♪



レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-08-30 18:01 | ヴォーカル

How Beautiful Is Night / George Shearing

暑い日の午後、風通しの良い部屋で、あるいは心地良くエアコンを効かせて聴いているとほっとするような気持ちにさせてくれるのがこのアルバム。

ジョージ・シアリングのグループがロバート・ファーノンオーケストラをバックにスタンダードの名曲を演奏しています。

猛烈な暑さに疲れた身体に瑞々しいエッセンスを注ぎ込んでくれるような演奏
これをBGMにうとうとしたら素敵な夢が見られそう。


How Beautiful Is Night


d0127503_14444599.jpg



1. Dancing in the Dark [From The Bandwagon]
2. Heather on the Hill [From Brigadoon]
3. Oh, Lady Be Good [From Lady, Be Good!]
4. More Than You Know [From Great Day!]
5. Our Waltz
6. How Beautiful Is Night
7. Once upon a Time (Es War Einmal) (From Lyric Pieces for Piano, Op. 71)
8. Days Gone By
9. Put on a Happy Face [From Bye Bye Birdie]
10. Haunted Ballroom [From the Ballet, The Haunted Ballroom]
11. Just Imagine (From Good News)
12. Surrey With the Fringe on Top [From Oklahoma!]


Personnel: Gorge Shearing (piano) Neil Swainson (bass)
Allan Ganley (drums) Louis Stewart (guiter) Frank Ricotti (vib. prec.)

The Robert Farnon Orchestra


試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-08-10 15:03 | ピアノ