ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Sketches Of Spain / Miles Davis

ギル・エバンス・オーケストラとマイルスが競演した第3作にして最高傑作といわれているアルバム。(第1作は『マイルス・アヘッド』、第2作は『ポーギー・アンド・ベス』)

『クールの誕生』セッション等を通じて40年代から知りあいだったマイルスとギルは、59~60年にコロンビアでのコラボレーション第3作として録音したのがこのアルバムです。

白眉は何と言ってもアランフェス協奏曲(Concierto De Aranjuez (Adagio))
お馴染みのメロディをギルの独特なサウンドをバックに演奏するマイルスのソロが素晴らしい。

1. Concierto De Aranjuez (Adagio)
2. Will O' The Wisp
3. The Pan Piper
4. Saeta
5. Solea
6. Song Of Our Country
7. Concierto De Aranjuez (Part One)
8. Concierto De Aranjuez (Part Two Ending)





レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-03-09 17:40 | トランペット

Keith Jarrett Trio / At The Blue Note

久しぶりのキース・ジャレットです。

このアルバムは1994年6月3-5日の3日間にNYCのブルー・ノートで行われたライヴの録音が
6枚組のBOXセットで発売された物。
スタンダードを中心に、キースのオリジナルもまじえてテンションの高い演奏がぎっしり詰まっています。

その中でⅢは単独でも発売されていますが、これについてはまた別の機会に書くことにしようと思います。

今日はなんとなく For Heaven's Sakeが聴きたくなってこのボックスを引っ張り出してきました。
この曲はエバンスも取り上げているバラード、収められているのはⅥ。
シンプルに歌うテーマの後のアドリブもメロディックに美しい。

ときどき思い出してどれを聽こうかと、Ⅰ枚ずつ楽しんで聴いています。

 
At The Blue Note Ⅵ

1. Time After Time
2. For Heaven's Sake
3. Partners
4. Desert Sun
5. How About You

Recorded June 3rd~5th,1994 At The Blue Note,New York City
Personnel : Keith Jarrett (p) Gary Peacock (b) jack DeJohnette (dr)






レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-02-27 11:38 | ピアノ

Art Pepper / No Limit

ちょうど1年くらい前、バーゲンで買って何度か聴いてそれっきりほとんど忘れていたアルバム。

アート・ペッパーはもっと前の演奏はかなり好きで聴いていたけれど
1969年から1971年までヘロイン中毒で活動を休止、その後1974年に復帰
これはそのもう少し後1977年に録音されたもの。

フュージョンの影響かモードの影響か、活動を休止する前のペッパーの演奏とはかなり雰囲気の違う物になっています。
ジョージ・ケイブルスの若々しい元気なピアノも聴き所。

余談ですが・・・・
じょーじ・けいぶるすと入力して変換したら【警部留守】と変換してくれるGoogle日本語入力システムにはちょっとびっくり(笑)


No Limit

d0127503_17403218.jpg


1. Rita-San
2. Ballad of the Sad Young Men
3. My Laurie
4. Mambo de la Pinta
5. No Limit [*]・・・ボーナストラック

Personnel :Art Pepper (a.sax) George Cables(p) Tony Dumas(b) Carl Burnett(dr)
Recoeded March 26,1977 Los Angeles


Mambo De La Pinta




レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-02-12 17:47 | サックス

死刑台のエレベーター / Miles Davis

久しぶりのマイルスです。

これはルイ・マル監督の「死刑台のエレベーター」のサウンドトラック。

一般にはルイ・マルの求めに応じてマイルスが映像を見ながら即興的に音楽を付けていくという方法でレコーディングされたと言われています。

しかしソロ演奏ならともかくコンボでそんなことが実際にできるのか・・・・?
マイルスならできたのか・・・???

そう思い調べてみたら

渡仏直後(11月下旬?)にサントラ録音の依頼を受けたマイルスは、滞在しているホテルにピアノを持ち込み、ツアーの合間に作曲に取り組んだといいます。つまり、マイルスは事前に曲想を得てスタジオ入りした。でも、それはメンバーには知らされず(いつものことです)、いかにもその場で即興で生み出したかのように演奏した。
(小川隆夫『マイルス・デイヴィス コンプリート・ディスク・ガイド』より)
というのが本当のところらしい。
これでちょっと安心(笑)

もともとのサウンドトラック盤には10曲が収められていましたが、完全盤のCDにはサウンドトラック用に加工される前のナマの演奏が16曲分入っています。

曲がどう加工されていくのか聴き比べてみるのも面白いと思います。

01. Geneique (music: Miles Davis)
02. L'Assassinat De Carala (music: Miles Davis)
03. Sur L'Autoroute (music: Miles Davis)
04. Julien Dans l'Ascenseur (music: Miles Davis)
05. Florence Sur Les Champs- Lysees (music: Miles Davis)
06. Diner Au Motel (music: Miles Davis)
07. Evasion De Julien (music: Miles Davis)
08. Visit Du Vigile (music: Miles Davis)
09. Au Bar Du Petit Bac (music: Miles Davis)
10. Chez Le Photographe Du Motel (music: Miles Davis)

Miles Davis (trumpet)
Barney Wilen (tenor sax)
Rene Urtreger (piano)
Pierre Michelot (bass)
Kenny Clarke (drums)

Recorded at Le Poste Parisien Studios, Paris; December 4, 5, 1957









レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-02-05 14:46 | トランペット

What's New / Bill Evans with Jeremy Steig

新年のごあいさつをしてからなんと2週間も放置してしまいました。

今日は以前紹介したアルバムです。
先日たまたま車で出かけるときに思いついて持っていったCD、ビル・エバンストリオとフルートのジェレミー・スタイグのセッション。

エバンスはトリオでの録音が圧倒的に多かったピアニストですが、他の楽器との共演をしたアルバムが何枚か残されています。

ジム・ホールと共演した Undercurrent、ジャズハーモニカのトゥーツ・シールマンスと共演した Affinity、スタン・ゲッツと共演した Stan Getz & Bill Evans。
どれも素晴らしい演奏。

共演するミュージシャンによって触発されてエバンスの色々な表情を聴くことができます。

この What’s New も上記の3枚に劣らない名盤と言えると思います。


What's New

d0127503_1312680.jpg




1 
Straight No Chaser  (05:40) 


2 
Lover Man  (06:19) 


3 
What's New  (04:50) 


4 
Autumn Leaves  (06:12) 


5 
Time Out for Chris  (07:17) 


6 
Sparticus Love Theme  (04:58)
7 So What

Personnel: Jeremy Steig (fl) Bill Evans (p) Eddie Gomez (b) Marty Morrell (ds)
Recorded N.Y.C.,Jan.30, Feb. 3,4,5, and March 11, 1969

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-01-23 13:22 | フルート