ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

At The Village Vanguard / The Great Jazz Trio

前回に続いてハンク・ジョーンズのアルバムです。

スタジオミュージシャンとして長いキャリアを持つハンク・ジョーンズが再びリーダーアルバムを作るきっかけとなったのがこのヴィレッジ・ヴァンガードのライブだと言われています。

それまでに30年余りのキャリアがありながらリーダーアルバムのライブ録音はこれが初めてだったというから驚きです。

当時の若手ナンバーワンのドラマー、トニー・ウイリアムスのドラムも聴き所
スタンダードを中心に緊張感のある演奏を聴かせてくれます。


At The Village Vanguard

d0127503_10263626.jpg


1 MOOSE THE MOOCHE
2 NAIMA
3 FAVORS
4 12+12
5 CONFIRMATION
6 WIND FLOWER
7 NARDIS
8 LAWRA

Personnel : Hank Jones(p) Ron Carter(b) Tony Williams(ds)
Recorded in Feb 14,15,1977 at Village Vanguard NYC.






レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-05-28 10:33 | ピアノ

Hank Jones

1940年代から第一線で活躍してきたピアニスト、ハンク・ジョーンズが5月16日に亡くなりました。
91歳、本当に長い間の演奏活動、参加したアルバムは600にも及ぶと言われています。

今年初めまで現役で演奏活動を続けていたのでまだこれからも新しい演奏を聞くことができるのではないかなんて勝手に思い込んでいただけにとても残念です。


そんなハンク・ジョーンズのソロピアノのアルバムを紹介します。

カリフォルニア州、バークレイのこぢんまりとしたホール、メイベック・リサイタル・ホールでのライブ。
このホールでは他にジョアン・ブラッキーン、マリア・マクパートランド、ケニー・バロン、バリー・ハリスなどのピアニストがソロコンサートを行っているそうです。

このアルバム、派手さはないけれどじっくり作りこんだ演奏を聞くことができます。


Live at Maybeck Recital Hall

d0127503_603522.jpg



1. Introduction
2. I Guess I'll Have to Change My Plan
3. It's the Talk of the Town
4. Very Thought of You
5. Night We Called It a Day
6. Bluesette
7. Child Is Born
8. What Is This Thing Called Love?
9. Oh, What a Beautiful Morning
10. Six and Four
11. I Cover the Waterfront
12. Memories of You
13. Introduction
14. Blue Monk
15. 'Round Midnight
16. Introduction
17. Oh! Look at Me Now

Recoede November 11,1991





レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-05-19 06:06 | ピアノ

It's Don't Mean A Thing If You Can't Tap Your Foot It

なんとも長いタイトルなのでグループ名を入れるのをやめてしまいました。
何しろグループ名も長い・・・演奏しているメンバー全員の名前が付いている(笑)
 
簡単に言ってしまうと、ヴァイブのミルト・ジャクソン、ベースのレイ・ブラウンのカルテット。
ピアノがシダー・ウォルトン、ドラムスがミッキー・ローカー。

ミルト・ジャクソンと言えばタキシードを着たMJQのヴァイブ奏者として有名ですが、それ以外のグループでの演奏も数多く残されています。

特にレイ・ブラウンとのユニットではピアニストにシダー・ウォルトンやモンティ・アレキサンダーを起用してブルージーでわくわくするような演奏を聞くことができます。

そしてレイ・ブラウン、こちらは長い間オスカー・ピーターソン・トリオのベーシストとし活躍していました。


これこそがモダンジャズ、そんな雰囲気を楽しめるアルバムです。

演奏しているのはそれぞれのメンバーのオリジナルにエリントンの表題作など。




It's Don't Mean A Thing If You Can't Tap Your Foot It

d0127503_103998.jpg



1. Midnight Waltz
2. Ain't That Nothin'
3. Stress and Trauma
4. Used to Be Jackson
5. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)
6. If I Were a Bell
7. Close Enough for Love

Personnel: Milt Jackson (vib.) Ray Brown (bass)
Cedar Walton (piano)Mickey Roker(dr.)
RecordedJuly 1984, NewYork City

このアルバムに収録されている曲ではありませんがミルト・ジャクソン、シダーウォルトンの演奏。日本でのライブです。








レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-05-14 10:15 | ヴィブラフォン

Alone /Bill Evans

去年の梅雨時に紹介したアルバムです。
梅雨空が続いてHere's that rainy day.を聞きたくなったなんて書いていたようですが、今日は気持ちよくからっと晴れたので On a clear day. を思い出しました。

この曲はオスカー・ピーターソンの名演もあるけれど、今日はなぜかエバンス
しかもじっとり暗めのソロピアノ。

本来はピアノトリオが一番好きなのだけれど
感情がずーんと内向していくエバンスのソロピアノ、いい感じです。



Alone

d0127503_11331243.jpg


1. Here's That Rainy Day
2. Time for Love
3. Midnight Mood
4. On a Clear Day (You Can See Forever)
5. Never Let Me Go
6. Medley: All the Things You Are/Midnight Mood
7. Time for Love

Recorded September and October, 1968 At New York City

試聴はこちらから♪

レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-05-08 11:37 | ピアノ