ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Girl Talk / Oscar Peterson

多くの名盤を残したVerveからドイツのMPSに移籍したピーターソン、このレーベルでも本当にたくさんの素晴しいアルバムを残していますが、その中で代表作とも言えるのがこの Girl Talk。

1968年にリリースされたこのアルバムは華麗なピーターソンのピアノが親しみやすい曲でたっぷり楽しめます。

しかもベーシスト、ドラマーが二人ずつ、色々な組み合わせでの演奏の聞き比べもおもしろいかもしれません。


Girl Talk

d0127503_8455550.jpg




1 
On A Clear Day (You Can See Forever) 


2 
I'm In The Mood For Love 


3 
Girls Talk 


4 
I Concentrate On You - Moon River 


5 
Robbins' Nest

Personnel: Oscar Peterson (p) Sam Jones (b)1,2,3, Ray Brown (b)5,
Bobby Durham (dr) 1,3, Luis Hayes (dr) 2,5,

試聴はこちらから♪

レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-03-25 08:51 | ピアノ

Know What I Mean ? / Cannonball Adderley With Bill Evans

春らしくメル・トーメのヴォーカルを聴こうかとCD棚をがさごそやっていたらこれが目についたので早速こちらを聴き始めてしまいました。

キャノンボール・アダレイとビル・エバンスというちょっとびっくりな取り合わせ。
飛び抜けて明るいキャノンボールと内向的なエバンス??
しかもあのWaltz For Debbyをアルトサックスで?!

初めてこのアルバムを知ったときはそんな驚きの連続でしたが、聞き始めたら杞憂はどこかへ行ってしまいました。

ファンキーなキャノンボールにエバンスも明るいサウンドでセッションしています。
相手によって演奏が変わるのがアンサンブルの面白い所ですね。

ベースとドラムスを受け持っているのがMJQのパーシー・ヒースとコニー・ケイというのも何だか意外な取り合わせです。



Know What I Mean?

d0127503_1185539.jpg



1. Waltz for Debby
2. Goodbye
3. Who Cares? [Take 5]
4. Who Cares? [Take 4][*]
5. Venice
6. Toy
7. Elsa
8. Nancy (With the Laughing Face)
9. Know What I Mean? [Re-Take 7]
10. Know What I Mean? [Take 12][*]

Personnel : Bill Evans (Piano),  Cannonball Adderley(Sax (Alto)), 
 Connie Kay(Drums),  Percy Heath(Bass),  
Recorded January 27, February 21 and March 13, New York City

試聴はこちらから。

レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-03-12 11:14 | サックス

You're Gonna Hear From Me / Bill Evans

1969年、デンマーク.コペンハーゲンのカフェ・モンマルトルでのライブ。
同日行われたライブを2枚のアルバムに分けて発売された物の一枚。
どういうわけか生前は未発表で、エバンスの死後発売されたものということです。
もう一枚は【Jazz House】として発売されています。

ベースにエディ・ゴメス、ドラムスにマーティ・モレルを迎えたトリオでスタンダードを中心にはつらつとした演奏。

1965年あたりまでのエバンスを聴き慣れた耳には「え?!エバンスがこんなに弾くの?」という驚きもあります。

フレージングやノリ、サウンドはいつものエバンスだけれど何しろ明るく元気
力強く饒舌なエバンスのピアノもまた良いなと思いました。



You're Gonna Hear From Me

d0127503_11225755.jpg




1. You're Gonna Hear from Me
2. 'Round Midnight
3. Waltz for Debby
4. Nardis
5. Time Remembered
6. Who Can I Turn To (When Nobody Needs Me)
7. Emily
8. Love Is Here to Stay
9. Someday My Prince Will Come

Personnnel : Bill Evans(p) Eddie Gomez (b) Marty Morell (dr)
Recorded at the Jazhus Montmartre, Copenhagen,Denmark
November 24,1969.


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2010-03-06 11:32 | ピアノ