ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Minor Blues / Kenny Barron Trio

この春以来久しぶりに買ったCDです。
そして珍しく現役ピアニスト(笑)

晩年のスタン・ゲッツとのカルテットやデュオで素晴しい演奏を聴かせてくれたケニー・バロンのアルバムです。

10曲中9曲がスタンダード
これはケニー・バロンのリーダーアルバムではちょっと珍しいかもしれない。
でもそんな選曲のおかげで聴いてみたらアレンジ、音色、アドリブやっぱり素晴しい。



Minor Blues


d0127503_16574059.jpg


1 MINOR BLUES
2 BEAUTIFUL LOVE
3 EMILY
4 FOR HEAVEN'S SAKE
5 HOW DEEP IS THE OCEAN
6 TOO LATE NOW
7 DON'T EXPLAIN
8 HUSH-A-BYE
9 I'VE NEVER BEEN IN LOVE BEFORE
10 MY IDEAL


Personnel : KENNY BARRON (PIANO) GEORGE MARAZ (BASS)
BEN RILEY (DRUMS)
Recorded May 4&5,2009 NYC

試聴はこちらから♪
レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-10-31 17:02 | ピアノ

The Way I Really Play /Oscar Peterson

どのアルバムを聴いてもきっちり楽しませてくれるオスカー・ピーターソン
どの演奏も一切手抜きは無し
そんなことを言ってみたくなるピアニストってあまりいないような気がします。

このアルバムももちろんその通り、お馴染みのスタンダード、ピーターソンのオリジナル、どれをとっても凄い演奏。

リラックスした雰囲気で始まるSatin Dollや Our Love Is Here To Stay も徐々にテンションたっぷりのアドリブにぐいぐい持って行きます。
そういう演奏を聴いていると思わず「力技」なんていう言葉を連想してしまう。
おすすめのピーターソンです。



The Way I Really Play


d0127503_14392251.jpg



1. Waltzing Is Hip
2. Satin Doll
3. Love Is Here to Stay
4. Sandy's Blues
5. Alice in Wonderland
6. Noreen's Nocturne

Personnel : Bobby Durham(Drums),  Oscar Peterson(Piano),  Sam Jones(Bass)
Recorded April 1968

試聴はこちらから♪ 


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-10-20 14:43 | ピアノ

Cool Struttin' / Sonny Clark

いきなりアート・ファーマーとジャッキー・マクリーンの2管ではじまる表題曲 Cool Struttin'
これがとてつもなくかっこいい。

いかにも1950年代のバップの雰囲気

ジャケットもすごくおしゃれ

ソニー・クラークは本場アメリカではそれほど人気のあるピアニストではなかったらしいし、残されたアルバムも少ないけれど、これはぜひ聴いておきたいアルバムです。


Cool Struttin'

d0127503_14395254.jpg



1. Cool Struttin'
2. Blue Minor
3. Sippin' At Bells
4. Deep Night

Personnel :Sonny Clark (piano) Art Farmer (trumpet) Jackie McLean(alto sax)
Paul Chanbers(bass) Philly Joe Jones(drums)
Recorded January 5,1958

試聴は こちらから。

こちらでも試聴できます。


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-10-13 14:48 | ピアノ

Never Make Your Move Too Soon /Ernestine Anderson

前回に続いてアーネスティン・アンダーソンのアルバムです。

素敵にスイングするヴォーカルは変わらずご機嫌。

このアルバムではバックがモンティ・アレキサンダーのトリオ
ハンク・ジョーンズの控えめなサポートと比べるとかなり元気良く軽快な演奏
バラードではハンク・ジョーンズに引けを取らない本当に綺麗なピアノを聴かせてくれます。



Never Make Your Move Too Soon

d0127503_1324999.jpg


1. Never Make Your Move Too Soon
2. What a Diff'rence a Day Made
3. As Long as I Live
4. Old Folks
5. Just One More Chance
6. My Shining Hour
7. Why Did I Choose You?
8. Poor Butterfly

Personnel : Ernestine Anderson(Vocals),  Frank Gant(Drums),  
Monty Alexander(Piano),  Ray Brown(Bass), 
Recorded at Coast Recorders, San Francisco,August 1980

試聴はこちらから。

こちらでも試聴できます。


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-10-04 13:30 | ヴォーカル