ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

DUO / Hank Jones & Red Mitchell

前回ピアノとベースのデュオアルバムを紹介したのでもう一枚デュオを。

1918年生まれ、90歳の現役ピアニスト、ハンク・ジーンズとベースのレッド・ミッチェルのデュオでスタンダードを演奏しています。

昨年の【東京JAZZ・2008】でも年齢を感じさせない瑞々しい演奏を披露してくれました。


きめ細やかで品があってジャズテイストたっぷりのハンク・ジョーンズとレッド・ミッチェルの軽妙なリラックスした絡みがとても楽しいアルバムです。


DUO

d0127503_1511364.jpg



1. Gone With the Wind
2. What Am I Here For?
3. Child Is Born
4. Wee
5. Like Someone in Love
6. Mean to Me
7. I'll Remember April
8. But Beautiful

Personnel : Hank Jones (piano) Red Mitchell (bass)
Recorded : November 5,1987 New York City


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-02-25 15:16 | ピアノ

Heat & Soul / Ron Carter ・Cedar Walton Duo

マイ・ファニー・バレンタインの聴き比べをやりたいなと思っているうちにバレンタインデーも過ぎてしまい企画倒れになってしまいました。

そう言えばこのアルバムにも入っていたなと思い出して久しぶりに聴いています。

ベテランのベーシストロン・カーターと、こちらもベテランピアニストシダー・ウォルトンのデュオ。

演奏しているのはマイ・ファニー・バレンタインやジャンゴ、ビューティフル・フレンドシップなどのスタンダードナンバーと二人のオリジナル曲。

ドラムスが入らないだけにまるで対話しているかのような二人のプレイが堪能できます。


Heat & Soul

d0127503_17483321.jpg



1. Heart & Soul

2. Django

3. Frankie And Johnie

4. Little Waltz

5. Telephone

6. My Funny Valentine

7. Back To Bologna

8. Beautiful Friendship

Recorded in December 1981



レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-02-18 18:09 | ベース

CHET BAKER SINGS / Chet Baker

早くも二月、今週末はバレンタインデー
というわけで、バレンタインデーにはこれ!というアルバムです。

トランぺッターのチェット・ベイカーのヴォーカルアルバム
トランぺッターでありながらヴォーカルのこのアルバムを代表作にあげている人が多いのもちょっと興味深いものがあります。


歌っているのはスタンダードばかり
ストレートに柔らかく優しく歌うチェット・ベイカーのささやくような歌声は不思議な魅力に満ちています。


CHET BAKER SINGS

d0127503_18154020.jpg


1. That Old Feeling
2. It's Always You
3. Like Someone in Love
4. My Ideal
5. I've Never Been in Love Before
6. My Buddy
7. But Not for Me
8. Time After Time
9. I Get Along Without You Very Well
10. My Funny Valentine
11. There Will Never Be Another You
12. Thrill Is Gone
13. I Fall in Love Too Easily
14. Look for the Silver Lining


Personnel :Bob Neel ( Drums ) Carson Smith ( Bass )Chet Baker ( Trumpet )
Chet Baker ( Vocals ) James E. Bond ( Bass ) Larance Marable ( Drums )
Peter Littman ( Drums ) Russ Freeman ( Piano ) Russ Freeman ( Celeste )

Recorded February 15,1954(7~14) July 23,1956(1,2,5,6)
July 30,1956 (3,4)

試聴はこちらから。

レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2009-02-09 18:25 | ヴォーカル