ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

発表会です

今週末、28日29日の両日、こんちぇると音楽教室第12回発表会を開催します。
皆さまお誘い合わせの上お出かけください。

日時: 6月28日(土) 第1部 13:00 開場  13:30 開演
              第2部 15:30 開場  16:00 開演


    6月29日(日) 第1部 10:00 開場  10:30 開演
              第2部 15:00 開場  15:30 開演


場所: ヨコスカ ベイサイドポケット (横須賀芸術劇場小ホール)


詳しくはこちらをご覧ください。


お問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。  
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-06-27 11:40 | その他

Standars 2 / Keith Jarrette Trio

朝からキース・ジャレットが聴きたいと思っていた。
そんなわけで今日はキース・ジャレット、珍しくDVDを紹介します。

1986年10月26日 昭和女子大人見記念講堂で行われたライブ。

キース・ジャレットがベースのゲイリー・ピーコック、ドラムスのジャック・デジョネットとのユニットで最初の録音から3年後の来日公演の映像。

曲目は「星に願いを」「オール・オブ・ユー」「我が心のジョージア」他スタンダードナンバー全12曲を収録。
5曲目の Blame It On My Youth の美しく思いいれたっぷりの演奏には何度聴いても感動させられます。

その他どの曲も綺麗なタッチで聞きやすい演奏なのでこれからジャズを聴いてみようかという人、キースを聞き始めたばかりの人にもお薦めです。


Standars 2  

d0127503_9373771.jpg




1 You Don't Know What Love Is
2 With A Song In My Heart
3 When You Wish Upon A Star
4 All Of You
5 Blame It On My Youth
6 Love Letters
7 Georgia On My Mind
8 You And The Night And The Music
9 When I Fall In Love
10 On Green Dolphin Street
11 Woody'n You
12 Young And Foolish


Personnnel : Keith Jarrett (pino) Gary Peacock (base)
Jack DeJonette (drums)
Recorded : 人見記念講堂  October 26、 1986
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-06-18 09:54 | ピアノ

New Jazz Conceptions / Bill Evans

ビル・エバンスがマイルス・デイビスのグループで演奏していた時期に録音された初・リーダーアルバム。

やや荒削りな香りのする勢いのあるピアノが、ワルツ・フォーデビー以降のエバンスサウンドに親しんだ耳には新鮮に聞こえるかもしれません。

アルバムタイトルからもエバンスも意気込みが感じられます。
何しろ≪新しいジャズの概念≫
余程の思い入れ、意気込みがなければこんなタイトルは思いつかないのでは?


演奏している曲目はスタンーダード、エバンスのオリジナル、ジョージ・シアリングの曲などバラエティーに富んでいます。



New Jazz Conceptions


d0127503_9394799.jpg




1. I Love You
2. Five
3. I Got It Bad (And That Ain't Good)
4. Conception
5. Easy Living
6. Displacement
7. Speak Low
8. Waltz for Debby
9. Our Delight
10. My Romance
11. No Cover, No Minimum [Take 2]
12. No Cover, No Minimum [Take 1][*]
13. No Cover [*]
14. No Minimum [Take 1][*]

〔*〕はボーナストラック


Personnnel : Bill Evans (piano) Teddy Kotick (bass) Paul Motian (drumus)
Recorded :September 18, 27,1956 New York City

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-06-14 09:47 | ピアノ

Rain Forest / Walter Wanderley

初夏の爽やかさを楽しむ間もなく6月に入るなり梅雨入りしてしまいましたね。
しばらくは湿度の高いじめじめした気候が続きます。

今日紹介するのはこれから夏にかけてお薦めのボサノヴァのアルバム。
ブラジルの乾燥した空気が感じられる心地良いサウンドが楽しめます。

演奏しているのはブラジル生まれのオルガニスト、ワルター・ワンダレイ。
軽快なリズム、ノリの良いオルガンの演奏はBGMにもぴったりです。



Rain Forest

d0127503_10132775.jpg



1. Summer Samba [Samba de Vero]
2. It's Easy to Say Good-Bye [E Fazil Dizer Adeus]
3. Cried, Cried [Chorou, Chorou]
4. Rain [Chuva]
5. Girl from Ipanema
6. Beloved Melancholy [Saudade Querida]
7. Taste of Sadness [Cheiro de Saudades]
8. Beach Samba [Bossa Na Praita]
9. Call Me
10. Cry Out Your Sadness [Chora Tua Tristeza]
11. Great Love [O Grande Amor]
12. Song of the Jet [Samba Do Aviao]


Personnnel: Walter Wanderley (org.) Joe Grimm(fl.) Urbie Green (tb.)
Bucky Pizzarelli (g.) Bobby Rosengarden (perc.)

Pecorded May 16,17,1966 New York City 

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-06-04 10:27 | オルガン