ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

But Beautiful / Boz Scaggs

ポップスの大御所、ボズ・スキャッグスがジャズのスタンダードを歌っているアルバムです。

We're All Alone Harbor Lights など、歌の上手さでは定評ののあるボズ、スタンダードも素敵に聞かせてくれます。

バックはピアノ、ベース、ドラムスにサックスを加えたカルテット
どの曲もおしゃれなアレンジです。



But Beautiful


d0127503_9361989.jpg



1. What's New
2. Never Let Me Go
3. How Long Has This Been Going On?
4. Sophisticated Lady
5. But Beautiful
6. Bewitched, Bothered and Bewildered
7. Easy Living
8. I Should Care
9. You Don't Know What Love Is
10. For All We Know


Personnel : Boz Scaggs (vocal) Paul Nagel (piano) Eric Crystal (sax)
John Shifflett (bass) Jason Lewis (drums)
Recorded: 2003, Sun Francisco

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-04-24 09:48 | ヴォーカル

Sunday at The Village Vanguard /Bill Evans Trio

以前紹介した Waltz For Debby と同じ日のライブアルバムです。

スコット・ラファロのベース、ポール・モチアンのドラムスによるこのトリオの活動はこのライブの11日後にラファロの事故死という形で終演を迎えます。

ベース、ドラムスがピアノと対等に対話するかのようなスタイルを作り出したこのトリオの演奏、ワルツ・フォー・デビーを聴いて良いなと思ったらぜひこちらも聴いて欲しいアルバムです。


Sunday at The Village Vanguard


d0127503_14545277.jpg



1. Gloria's Step [Take 2]
2. Gloria's Step [Take 3]
3. My Man's Gone Now
4. Solar
5. Alice in Wonderland [Take 2]
6. Alice in Wonderland [Take 1]
7. All of You [Take 2]
8. All of You [Take 3]
9. Jade Visions [Take 2]
10. Jade Visions [Take 1]


Personnel: Bill Evans (piano) Scott LaFaro (bass) Paul Motian (drums)
Recorded : The Village Vanguard , NYC ,JUne 25, 1961

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-04-19 15:10

Night Train / The Oscar Peterson Trio

オスカー・ピーターソントリオが1962年にスタジオで録音した名盤。

聞き始めるなり豪快なピーターソンのピアノ。
素晴しいテクニックはいつもの事ながら、このアルバムはブルースのテイストがかなり強く出ています。

バラードを美しく演奏するのはピーターソンの得意とするところだけれど、このピアニストの根っ子はやっぱりブルースだなと思う。

ピーターソントリオのノリノリの演奏がたっぷり楽しめます。


Night Train

d0127503_17571762.jpg


〔#〕は別テイク

Personnnel: Oscar Peterson (piano) Ray Brown (bass) Ed Thigpen (drums)
Recorded December 16, 1962

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-04-15 18:02 | ピアノ

THe Good Life / Sonny Stitt & Hank Jones Trio

凄腕のサックスプレイヤー、ソニー・スティットがリラックスした演奏を聞かせてくれる、素敵なアルバム。

テナー、アルト、どちらも自在に演奏したスティットがここではテナーだけで落ち着いた温か味のある音色でスタンダードを演奏しています。

バックもベテランぞろい、ハンク・ジョーンズの控えめなピアノはとても心地良いし素敵なヴォーカルを聞かせてくれるグラディ・テイトの軽快なドラムもいい雰囲気。

気心知れたメンバーで和気藹々のレコーディング風景が目に浮かぶようです。

スタンダードはこんな風に演奏するんだよ、というお手本のような演奏がたっぷり楽しめます。


The Good Life

d0127503_18132318.jpg



1. Deuces Wild
2. Autumn Leaves
3. Angel Eyes
4. Bye Bye Blackbird
5. Polka Dots and Moonbeams
6. My Funny Valentine
7. As Time Goes By
8. Ain't Misbehavin'
9. Good Life
10. Body and Soul


Personnnel: Sonny Stitt (tenor sax) Hank Jones (piano )
George Duvivier (bass) Grady Tate (drums&vocal)
Recorded November 16,1980 Tokyo

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-04-11 18:22 | サックス

Something For Lester / Ray Brown

村上春樹の≪意味がなければスイングは無い≫を開いたらいきなり私の大好きなピアニスト、シダー・ウォルトンのことが書いてある。

この地味なピアニストをこんなに素敵に魅力たっぷりに書いてくれる村上春樹はいい人だ(笑)
そう思いながら読んでいたらシダー・ウォルトンがたまらなく聴きたくなった。

というわけで、村上春樹が「70年代の彼の演奏で最も愛好する」と書いていて私もすごく気に入っているアルバムがこのレイ・ブラウンの 【Something For Lester】

どっしりしたレイ・ブラウンのベースに派手なエルビン・ジョーンズのドラム、そこへシダー・ウォルトンの落ち着いたしかも独特のノリで端正なピアノ。

三者が見事に絡み合って
ピアノトリオの醍醐味を感じさせるアルバムです。


Something For Lester

d0127503_1865457.jpg



1. Ojos de Rojo
2. Slippery
3. Something in Common
4. Love Walked In
5. Georgia on My Mind
6. Little Girl Blue
7. Sister Sadie


Personnel: Ray Brown (bass) Ceder Walton (piano) Elvin Jones (drums)
Recorded June 22,23,24,1977 Los Angeles

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-04-05 18:15 | ベース