ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Chet / Chet Baker

歌うようにトランペットを吹いたと言われるチェット・ベイカーのアルバムです。
ヴォーカルも得意としたミュージシャンですが、このアルバムではトランペットのみ。

演奏している曲は最後のオリジナル1曲を除いてすべてスタンダード、しかもゆったりしたテンポのバラードばかり。
ストレートにメロディを歌うチェット・ベイカーのトランペットはとても美しくて少しもの悲しい気持ちにもさせられます。

ジャケットも素敵。


Chet


d0127503_16243276.jpg



1 Alone Together (06:52)
2  How High the Moon (03:36)
3  It Never Entered My Mind (04:41)
4  'Tis Autumn (05:18)
5  If You Could See Me Now (05:17)
6  September Song (03:05)
7  You'd Be So Nice to Come Home To (04:33)
8  Time on My Hands (You in My Arms) (04:33)
9  You and the Night and the Music (04:06)
10 Early Morning Mood (09:02)


Personnel:Chet Baker(trumpet) Herbie Mann( flute)
Pepper Adams(baritone sax) Bill Evans( piano) Kenny Burrell( guiter)
Paul Chambers(bass) Connie Kay,Philly Joe Jones(drums)

Recorded December 30 , 1958
January 19, 1959 (No.4.8.9) New York City


試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-02-25 16:38 | トランペット

The Gershwin Connection / Dave Grusin

数多くのミュージカルを書いたジョージ・ガーシュインの曲を、ピアニスト、アレンジャーで映画や音楽番組の音楽監督も勤めたデイブ・グルーシンとたくさんの仲間がな素敵なアレンジと多彩なスタイルで聞かせてくれます。

次々と繰り広げられるガーシュインの曲がどれも楽しく、軽快に、美しく、BGMにも心地良いアルバムです。



The Gershwin Connection

d0127503_14582139.jpg



1. That Certain Feeling
2. Soon
3. Fascinating Rhythm
4. Prelude II
5. How Long Has This Been Going On?
6. There's a Boat Dat's Leavin' Soon for New York
7. My Man's Gone Now
8. Maybe
9. Love Is Here to Stay
10. 'S Wonderful
11. I've Got Plenty O' Nuthin'
12. Nice Work If You Can Get It
13. Medley: Bess, You Is My Woman/I Loves You, Porgy

Personnel: Dave Grusin (piano) Eddie Daniels (clarinet)
John Petitucci (bass) Dave Weckl (drums) Gary Burton (vib)
Sonny Emory (drums) Eric Marienthal (s.sax) Sal Marquez(trumpet)
Lee Ritenour (guiter) Chick Corea (piano) Don Grusin (Clavinet)

Recorded 1991

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-02-20 15:14 | ピアノ

Dave Digs Disney / The Dave Brubeck Qualtet

アニメばかりでなく主題歌や挿入歌にも多くのファンを持つディズニー。

そのディズニー・ソングをおしゃれなアレンジで演奏しているアルバムです。

今ではディズニーのメロディを色々なバージョンで演奏するのが珍しくありませんが、そんな演奏の【元祖】のような存在がこのデイブ・ブルーベックの Dave Digs Disney。

デイブ・ブルーベックと言えばテイク・ファイブが有名ですが、これはその二年前にレコーディングされたもの。

ポップなメロディが楽しい4ビートで聞こえてきます。


Dave Digs Disney

d0127503_118617.jpg



1. Alice in Wonderland
2. Give a Little Whistle
3. Heigh-Ho! (The Dwarfs' Marching Song)
4. When You Wish Upon a Star
5. Someday My Prince Will Come
6. One Song
7. Very Good Advice
8. So This Is Love


Personnel: Dave Brubeck (piano) Paul Desmond (a sax)
Norman Bates (bass) Joe Morello (drums)
Recorded June 29,30, August 29, 1957


試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-02-13 11:26 | ピアノ

Our Delights / Tommy Flanagan and Hank Jones

バレンタインデーにちなんで、今日はピアノデュオのアルバムを紹介します。

どこがバレンタインデーかというと、ジャケット。
曲目は全く関係なくスタンダードを演奏しています。

トミー・フラナガン、ハンク・ジョーンズというピアノの名手二人が二台のピアノでソロを取ったりバッキングに回ったり、とても楽しいアルバムです。

左のスピーカーからはハンク・ジョーンズ、右のスピーカーからはトミー・フラナガンのピアノが聞こえてきます。
二人のアドリブやタッチの違いなど聞くのも面白いかもしれません。


Our Delight


d0127503_1125395.jpg




1 Our Delight
2 Autumn Leaves
3 Robbins Nest
4 Jordu
5 Confirmation
6 Child Is Born
7 Lady Bird
8 Robbins Nest [Alternate Take]


Recorded January 28, 1978

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-02-10 11:09 | ピアノ

Weast Side Story / Oscar Peterson Trio

少し前に 「マイ・フェア・レディ」 のジャズバージョンを紹介したので、今日は「ウエスト・サイド・ストーリー」のジャズバージョンです。


ミュージカルの中の曲から有名な6曲を取り上げて、わくわくするようなアレンジで演奏しています。
アレンジが素晴しいだけじゃなくてもちろんオスカー・ピーターソンの豪快なのに繊細なそして圧倒されるようなテクニックのピアノにはただただ脱帽するばかり。

もし、この映画を観たことがある方ならきっと気に入っていただけるアルバムです。


West Side Story


d0127503_17171430.jpg



1. Something's Coming
2. Somewhere
3. Jet Song
4. Tonight
5. Maria
6. I Feel Pretty
7. Reprise


Personnnel: Oscar Peterson (piano) Ray Brown (bass) Ed Thigpen (drums)
Recoede :January 24,25, 1962 NYC

試聴はこちらから♪ 


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-02-08 17:24 | ピアノ

My Old Flame / Stan Getz

何気なく買ったCDのおかげでそのミュージシャンが大好きになる、そんな幸運をもたらしてくれたのがこのアルバム。


スタン・ゲッツといえばボサノヴァだ、クール・サウンドだなんて言われているのは知っていたけれど、ビル・エバンス・トリオと演奏しているCDも聴いてはいたけれど、格別興味を持っていたわけでもないプレイヤーでした。

ところがCDショップでたまたま手にとって買ったこのアルバムを聴いたら、すごく良い。

2枚組みで演奏しているのはおなじみのスタンダードばかり。
それでも何度聴いても飽きないし、楽しい。

メンバー全員がリラックスして演奏を楽しんでいるな、そんなライブレコーディング。

これを聴いてから私のゲッツ好きが始まった記念のアルバムです。


My Old Flame

d0127503_18323285.jpg



CD1(THE DOLPHIN)

1 The Dolphin
2 A Time For Love
3 Joy Spring
4 My Old Flame
5 The Night Has A Thousand Eyes
6 Close Enough For Love

CD2(SPRING IS HERE)

1 How About You
2 You're Blase
3 Easy Living
4 Sweet Lorraine
5 Old Devil Moon
6 I'm Old Fashioned
7 Spring Is Here

Personnel:Stan Getz(ts) Loe Levy(p) Monty Budwig(b) Victor Lewis(ds)
Recorded May 1981 San Francisco


試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2008-02-02 18:39 | サックス