ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Oscar Peterson

大好きなピアニストの一人、オスカー・ピーターソンが亡くなった。
脳梗塞後、活動を再開して嬉しく思っていただけにとても残念でなりません。



d0127503_13463531.jpg


以下CNN.co.jpよりお借りしてきました。


ジャズ・ピアノの巨匠で、「鍵盤の皇帝」ともされるピアニスト、オスカー・ピーターソン氏が23日、カナダ・トロント郊外の自宅で、腎不全のため亡くなった。82歳。カナダ放送協会(CBC)が24日、伝えた。


1925年8月15日、カナダ・モントリオール生まれ。父ダニエル・ピーターソンさんから音楽の手ほどきを受ける。幼いころはトランペットとピアノを習うが、結核を患った後にピアノに専念する。


1930年代から40年代にかけ、生まれ祖国のカナダでダンス・バンドなどと共演し、レコーディングも数多く行い、人気を得る。49年にカーネギー・ホールでゲストとして招かれ、米国デビュー。米国と欧州ツアーの先駆けとなる。


世界各国で名声を不動のものとし、エラ・フィッツジェラルドとともに来日するなど、精力的に演奏活動を続けた。


93年に脳梗塞で倒れたが、リハビリを重ねて復帰した。99年に音楽部門で世界文化賞を受賞。80歳となった2005年には、カナダ国内で、存命中の人物として初めてとなる記念切手が発行された。


年老いて歩くことも難しくなってもなお、演奏とツアーを続けていた。
[PR]
by yk_jazzmood | 2007-12-28 13:47 | ピアノ

Trio 64 / Bill Evans

季節はクリスマス。
クリスマスソングのCDも楽しいけれど、今日は1曲だけクリスマスソングが収められているビル・エバンスのアルバムです。

録音されたのが12月半ば、そこでエバンスもクリスマスソングを思わず口ずさんでしまったのか、実はエバンスはクリスマスソングが大好きだったのか、真偽のほどはわかりませんがスタンダードナンバーの中で Sainta Claus Is Coming To Town を楽しげに演奏しています。
 
クリスマスにこんなアルバムを聴くのもおしゃれかもしれませんね。


Tro 64

d0127503_1316157.jpg



1. Little Lulu
2. Sleepin' Bee
3. Always
4. Santa Claus Is Coming to Town
5. I'll See You Again
6. For Heaven's Sake
7. Dancing in the Dark
8. Everything Happens to Me
9. Little Lulu [Alternate Take][*]
10. Little Lulu [Alternate Take][*]
11. Always [Alternate Take][*]
12. I'll See You Again [Alternate Take][*]
13. My Heart Stood Still [Alternate Take][*]
14. Always (Breakdown) [*]
15. I'll See You Again (Breakdown) [*]
16. My Heart Stood Still [False Start][*]

〔*〕はボーナストラック

Recorded Deccember 18、 1963 NYC
Personnel Bill Evans (piano) Gary Peacock (bass) Paul Motian (drums)


試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2007-12-22 13:25

'Round About Midnight / Miles Davis

このアルバムでジャズの新しいスタイル≪ハード・バップ≫が確立されたとも言われるマイルス・デイビス、初期の代表作。

ミュート(弱音器)を使ったマイルスのトランペット、マイルスの格好良さにぞくぞくします。

メンバーは当時の新進気鋭のミュージシャン、何度聞いてもほれぼれしてしまいます。

カッコいいジャズを聴いてみたい、そんな人にお薦め。


'Round About Midnight


d0127503_1094938.jpg





1. 'Round Midnight
2. Ah-Leu-Cha
3. All of You
4. Bye Bye Blackbird
5. Tadd's Delight
6. Dear Old Stockholm
7. Two Bass Hit [*]
8. Little Melonae [*]
9. Budo [*]
10. Sweet Sue, Just You [*]

〔*〕はボーナストラック


Recorded 1955,1956 NYC
Personnel Miles Davis(trumpet) John Coltrane (tenor sax)
Red Garland (piano) Paul Chambers (bass) Philly Joe Jones (drums)


試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2007-12-17 10:24 | トランペット

Sonny Stitt Plays / Sonny Stitt

キーの違うアルトサックスとテナーサックスを自在に演奏したソニー・スティットが、アルトサックス一本でスタンダードを演奏しているアルバムです。


ソニー・スティットの伸びやかで気持ちの良い音色、すごいテクニックなのに聞きやすくわかりやすいアドリブも嬉しい。

そしてバックを固めるハンク・ジョーンズのピアノ、かっちりリズムを刻むフレディ・グリーンのギターもソニー・スティットに負けず劣らす素晴しい演奏です。


Sonny Stitt Plays

d0127503_9145747.jpg



1. There'll Never Be Another You
2. The Nearnes Of You
3. Biscuit Mix
4. Yesterdays
5. Afterwards
6. If I Should Lose You
7. Blues For Bobby
8. My Melancholy Baby


Recorded September 1956
Personnel Sonny Stitt (alt sax) Hank Jones (piano) Freddy Green (guiter)
Wendell Marshall (bass) Shadow Willson (drums)

試聴はこちらから♪



レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2007-12-13 09:25 | サックス

The Melody At Nighit, With You / Keith Jarrett

少し前にソロのケルン・コンサートを紹介したキース・ジャレット。
今回もキースのソロピアノです。

1971年のフェイシング・ユー以来多くのソロピアノをレコーディングしてきたキース・ジャレットですが、そのほとんどがオリジナルの作品のもの。

今日のこのアルバムはキースが初めてソロでスタンダードを演奏したアルバムです。

このアルバムを録音する以前、何年もの間、慢性疲労症候群という病気で演奏活動を休止していました。

1998年、このアルバムの製作をきっかけにまた演奏活動を再開して現在に至っています。

どの曲も曲の持つ美しさをこれ以上はありえないというくらいに引き出して、そのメロディとじっくり向き合うような演奏です。

ジャズは聞いたことがないという人、ちょっと苦手だと思っている人にもすんなり受け入れていただけるアルバムだと思います。


The Melody At Nighit, With You

d0127503_17213375.jpg



1. I Loves You, Porgy
2. I Got It Bad (And That Ain't Good)
3. Don't Ever Leave Me
4. Someone to Watch over Me
5. My Wild Irish Rose
6. Blame It on My Youth/Meditation
7. Something to Remember You By
8. Be My Love
9. Shenandoah
10. I'm Through With Love


Recorded December 1998
Keith Jarrett (piano)

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2007-12-08 17:26 | ピアノ

Portrait In Jazz / Bill Evazs Trio

ビル・エバンスと言えばこれ!

スタンダードナンバーを中心に、エバンスのオリジナル、マイルス・デイビスの曲も取り入れた構成です。

Autumn Leaves や Someday My Prince Will Come などのジャズファンじゃなくてもおなじみの曲も収められています。

エバンスが新しいスタイルを確立したともいえるトリオの活気溢れる演奏。

お薦めのアルバムです。


Portrait In Jazz


d0127503_1335057.jpg


1. Come Rain or Come Shine
2. Autumn Leaves [Take 1]
3. Autumn Leaves [Mono Version][*][Take]
4. Witchcraft
5. When I Fall in Love
6. Peri's Scope
7. What Is This Thing Called Love?
8. Spring Is Here
9. Someday My Prince Will Come
10. Blue in Green [Take 3]
11. Blue in Green [Take 2][*]


Recorded in NYC ; December 28, 1959.
Personnel Bill Evance (piano) Scott LaFaro (bass) Paul Motian (drums)

試聴はこちらから♪


レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
by yk_jazzmood | 2007-12-05 13:12 | ピアノ