ようこそジャズの部屋へ  


by yk_jazzmood

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ピアノ
サックス
トランペット
トロンボーン
ギター
ヴィブラフォン
ベース
ドラムス
オルガン
フルート
セッション
ヴォーカル
コーラス
クラシック
その他

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

良い曲でした! 凄く癒さ..
from 大阪の旅行会社(株)ニューワ..
英語でサーチ/Bill ..
from 英語でサーチ
Bill Evans T..
from 音楽の杜

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

From Left To Right / Bill Evans

とっても久しぶりの更新になってしまいました。

今日は1970年制作のビル・エバンスのアルバム。
d0127503_13551481.jpg



右手にフェンダー・ローズ(電気ピアノ)左手にスタンウェイのピアノを配置
オーケストラやガットギターと演奏する、エバンスとしては少し珍しいスタイルのアルバムです。

フェンダー・ローズでアドリブを弾きながら左手はスタンウェイでバッキングしたり
2台の楽器を自在に操りながら、気持ちの奥にじわっと訴えかけるようにテーマを歌い上げる
そこにオーケストラが寄り添ってじっと聴き入ってしまう、そんな演奏がたっぷり楽しめます。

1. What Are You Doing The Rest Of Your Life?
2. I'm All Smiles
3. Why Did I Choose You?
4. Soiree
5. The Dolphin - Before
6. The Dolphin - After
7. Lullaby For Helene
8. Like Someone In Love
9. Children's Play Song
10. What Are You Doing The Rest Of Yor Life? (Quartet)
11. Why Did I Choose You? (Quartet)
12. Soiree (Alternate Take)
13. Lullaby For Helene (Quartet)


1曲目はミッシェル・ルグランの美しいバラード

What Are You Doing The Rest Of Your Life?


こちらはエバンスにしては珍しいボサノバ。
スタン・ゲッツの演奏で有名な曲ですが、エバンスも負けず劣らず素晴しい。

The Dolphin - After




Personnel : Bill Evans(p,el p) Sam Brown (g) Eddie Gomez (b) Marty Morell (d)
Mickey Leonard (arr,cond) and orchestra

Recorded October and November 1969 and March ,April, and May 1970
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-07-23 13:53 | ピアノ

Sits In With The Oscar Peterson Trio / Sonny Stitt

先日車で出かける用事があって「さてCDはなにを持って行こうか・・・」と選んだのがこのアルバム。

アルトとテナーを自在に吹き分けるソニー・スティットにオスカー・ピーターソン・トリオ
しかも録音が1950年代後半とくればもう悪かろうはずも無くすごい演奏を聴かせてくれます。


ソニー・スティットは生涯で100枚ものリーダー作を残したといわれ、オスカー・ピーターソンに至っては約300枚分のレコーディングを残したといわれています。本CDは、そんなふたりがパリで顔を合わせた1959年のアルバム「Sonny Stitt Sits in with the Oscar Peterson Trio」に、57年の共演セッション(そのうち1つは、ニューポート・ジャズ祭のライブ)を追加したもので、スティットとピーターソンの共演を網羅した内容となっております。チャーリー・パーカーからの影響が濃厚といわれるスティットだけに、ここでも(2)(3)(5)等、パーカーゆかりのナンバーを快演。レスター・ヤングやベン・ウェブスターに捧げたブルース(7)では、味のあるテナー・サックスで魅了してくれます。(インフォより)


Sits In With The Oscar Peterson Trio

d0127503_17203095.jpg



1. I Can't Give You Anything But Love
2. Au Privave
3. The Gypsy
4. I'll Remember April
5. Scrapple From The Apple
6. Moten Swing
7. Blues For Pres, Sweet, Ben & All The Other Funky Ones
8. Easy Does It
9. I Didn't Know What Time It Was
10. I Remember You
11. I Know That You Know

Personnnel : Sonny Stitt(as,ts), Oscar Peterson(p), Ray Brown(b), Ed Thigpen(ds),
Herb Ellis(g), Stan Levey(ds),

1~8:Recorded May 18, 1959, Paris
9~11:Recorded October 10, 1957, LA




レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-05-21 17:30 | サックス

Milt Jackson Quartet / Milt Jackson

ビル・エバンスのWonder Whyを聴いていて、確かミルト・ジャクソンも演奏していたと思いCD棚を探し始める。
1980年以降に録音されたレイ・ブラウンとのグループのものとばかり思って探したら見当たらない。
でも確かに聴いた覚えがあるのでさらに探したらかなり古い録音のアルバムでした。

そしてメンバーを確かめたらMJQとほぼ同じベースとドラムス、大きな違いはピアニストがホレス・シルバー。

MJQの品行方正な演奏とはかなり味わいの違う、ミルト・ジャクソンの演奏を楽しむことが出来ます。

ミルト・ジャクソンのオリジナル1曲を除いて5曲はスタンダード。
改めてメロディーの歌い方がうまいなと感心してしまいました。


Milt Jackson Quartet

d0127503_11334793.jpg


1. Wonder Why
2. My Funny Valentine
3. Moonray
4. The Nearness Of You
5. Stonewall
6. I Should Care

Personnel : Milt Jackson (vib),Horace Silver (p),Percy Heath(b),Connie Kay(ds)

Recorded : 20.May.1955

レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-04-18 11:36 | ヴィブラフォン

Plays The Jerome Kern Song Book / Oscar Peterson

余震が続いたり、原発事故その後の見通しが立たなかったり、出かければお店も駅構内も、電車も薄暗く、なんとなくどんよりした気分が続きますが、ちょっと気分転換。

今日は明るく元気なピーターソン聴いてます。

オスカー・ピーターソンという人はいつでも一切手抜きなし
フレーズはあくまでも明るくて軽やかで、こんなときこそピーターソン。

今日はジェローム・カーンの作品を録音したアルバムです。






1.I Won't Dance
2.Bill
3.The Song Is You
4.A Fine Romance
5.Can't Help Lovin' Dat Man
6.Ol' Man River
7.Long Ago (And Far Away)
8.Lovely to Look at You
9.Pick Yourself Up
10.Smoke Gets in Your Eyes
11.The Way You Look Tonight
12.Yesterdays

Recorded :July 14 – August 9, 1959
Personnel:Ray Brown - double bass Oscar Peterson - piano Ed Thigpen - drums

レッスンに関するお問い合わせはこんちぇると音楽教室までどうぞ。
[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-04-12 17:37 | ピアノ

The Köln Concert / Keith Jarrett

3月11日の東日本大震災、それに続く原発の事故
なかなか進まない被災地の復旧
どうしようもない閉塞感でなかなか更新できずにいました。

節電であちこち薄暗くて気持ちも沈みがち
こんなときこそ音楽が気持ちを救ってくれるはず。

静かに祈るように始まるキースのケルンコンサートを聴きながら
被災した方達、地域への一日も早い救済と復興を心からお祈りします。


The Köln Concert


[PR]
# by yk_jazzmood | 2011-04-03 14:46 | ピアノ